合宿免許PARK

運転免許取得に必要なものって「視力」です。私は、視力があまりよくないから運転免許取得できないかもという不安を抱えている人たちもいるのではないでしょうか。

いろいろ運転免許取得に関わる視力の問題を解決しましょう。

合宿免許といったらムーチョ

運転にはやっぱり視力は大事

運転免許更新のときにも、視力検査は必須です。ちょっと年をとって視力が衰えたかも……ということを心配している人たちもいるかもしれないですよね。しかし、運転免許更新のとき、視力検査にパスしないと、更新自体を行うことができません。

普通自動車の運転免許更新時に必要な視力は、両眼で0.7以上、片眼ではそれぞれ0.3以上が必要とされています。もしも、片眼の視力が0.3未満だった……という方々は、もう一方の眼の視野が左右150度以上、視力0.7以上をキープする必要があります。

原付・小型特殊自動車の運転免許更新時という場合はまた違い、両眼で0.5以上で、どちらかの眼が見えない場合、視力のあるほうの眼での視野が150度以上であり、視力0.5以上が必要です。

次は、大型・中型・準中型・けん引・二種の運転免許更新時に必要な視力です。このような運転免許取得の場合は、もう少し基準が厳しくて両眼で0.8以上、片方の眼ではそれぞれ0.5以上必要です。

そして、深視力(物体の奥行、立体感を見る視力)を3回検査、平均誤差が2cm以内であることが条件とされています。

運転免許更新の視力検査の方法

運転免許更新の視力検査の方法は、昔ながらの“C”を使って、「切れ目」がある方向を答えるという方法で行われています。

おおかたそのようなものは慣れているので、緊張せず正しい判断をすることができるのではないでしょうか。“C”を使い、遠くのものがどれだけ見えているか判断をします。

また、運転免許には、遠くのものがどれだけ見えているかというのもとても大事なことですが、色彩識別能力検査も非常に大事なポイントです。

「赤」、「黄色」、「青」の3カラーをきちんと識別できるかも、運転免許には必須の要素です。

そして、大型の運転免許取得の場合には、深視力の検査もとても大事なポイントです。

深視力の検査では、 中央の棒が前後に動いている間に、動いている1本が他の2本の直線状に並んだ時、手元にあるスイッチを押すという方法でテストを行っています。

また、運転免許の条件では、めがねやコンタクトの装着が必須です。

運転免許証更新で持っていくのを忘れた場合は再検査が必要になってしまうので、呉々も注意してください。