合宿免許PARK

合宿で運転免許取得して、まだまだ点数制についてはわからないという人たちも多いのではないでしょうか。いつも正しい姿勢で運転にのぞむには、やっぱり点数制についてもしっかり理解していることが大事です。

運転免許の点数回復・リセットがあるという噂を聞きますが、本当にそのような事態は起こりうることなのでしょうか。

今回、そのあたりの問題を解決します。

合宿免許といったらムーチョ

持ち点が戻るの……?運転免許の点数の回復とリセットって何のことかしら……

まだまだ、運転免許証してあなたにとってわからない問題も多いのではないでしょうか。

持ち点が戻る……、運転免許の点数の回復とリセットって何のことでしょうか。

合宿で運転免許取得という方々も、交通事故を起こす可能性は充分あり、明日あなたは、「刑事」、「行政」、「民事」の責任を負うことになるかもしれません。点数制とは、この行政処分に該当するものです。

運転免許取得して、交通事故、また違反を起こしてしまった人たちは、 反則点数が加算されることになります。反則点数の加算が、一定レベルに達成した時には、運転免許証の効力が失効してしまうことになります。

そして、それでも回復してしまえばいいやというモチベーションも生まれてしまいそうですが、回復という概念は運転免許証にある訳ではありません。

なぜなら、点数制では、加算方式を採用しているため、もともと失っている訳ではないからです。

回復という意味あいはだいたいは、なくしたものを取り戻すという意味になるはずですから。

ただし、点数のリセットというのは、実際にあることかも……。

点数制でのリセットはある?

事実、運転免許取得している人たちは、一定の条件を満たすことができれば、 反則点数の累積がリセットという事態は起こります。

どのような条件で起こるかといえば、無事故・無違反の期間が1年継続することが必要です。また免許の停止処分を受けその停止期間が終了することが条件です。

点数のリセットはあり、その後1年の間無事故、かつ無違反を継続させることで、累積点数がゼロに戻ります。

その後あなたは違反をおこして、点数が加算されていくかもしれませんが、リセットしたものは既に消滅してしまっているため、それが合計加算ということはありません。

また、交通違反で検挙された時から遡って2年間違反や事故を起こしていないドライバーは、当該違反が点数3点以下という軽微な違反であるケースに限って、その後3ヶ月無事故・無違反を継続することによって点数の累積をリセットすることができます。