合宿免許PARK

今回、お話しするのは運転免許の点数制度についてです。合宿免許で運転免許取得をして、このあたりの問題はなかなか理解出来ていないという方々もいらっしゃるのかもしれないですよね。

ここあたりでしっかり理解しておきましょう。

合宿免許といったらムーチョ

運転免許の点数制度について

運転免許の点数制度とは、道路交通法の制度のことです。過去3年間の事故、違反を点数で加算して、計で一定基準に達してしまうことで運転免許停止(免停)という事態もあり、取り消しという事態に遭遇することもあります。

加算式という方法を採用し、運転免許取得時点では、 0点です。

あなたが交通事故などを起こせば、点数が更に加算されていくことになります。

<h2>こんな感じで加算される</h2>

運転免許証の点数は、例えば、信号無視で2点・追い越し違反で2点、駐車違反(駐停車禁止場所等)2点 (駐車禁止場所等)1点、座席ベルト装着義務違反1点、携帯電話使用等(交通の危険)2点(保持)1点という感じで加算されます。

また、スピード超過のケースでは、50以上 12点ということになります。

30(高速40)以上50未満 6点

25以上30(高速40)未満 3点

20以上25未満 2点20未満 1点

アルコールの状態で運転する行為もとても厳罰扱いで、35点です。

昔、アルコール飲んでちょっとさまして運転すれば問題なしという人たちが多かったのかもしれないですが、それも昔のことです。

本当にいつまでも運転免許証を持っていたいと思うのなら、アルコールは気をつけましょう。何に対して気をつければいいかと言えば話しは簡単です。アルコールを飲んだらクルマに乗らないことを徹するまでです。

ただし、 1点や2点の軽微な違反も累積すれば相当なものになってしまうので、決して軽視は出来ないでしょう。日々、とにかく安全運転を心掛けるようにしてください。

<h2>違反点数と免停の期間は</h2>

違反点数は過去3年間の累積というカタチで計算されることになります。

一定の基準に達すると免停となってしまう訳ですが、免停や免許取り消しなどの行政処分を受けてしまえば前歴となり その後免停に至るまでの点数や免停期間が左右されることになります。

例えば、前歴が一回もないというケースでは、6点で免停30日間なのですが。前歴1回ありという方々は4点で60日間、前歴3回の場合は2点で90日間ということになります。

以上です。運転未熟な方々も、点数制を意識して、呉々も安全運転を心掛けるようにしてください。